朝田くんの未来に乾杯!!!

私が東京に向かう新幹線の中で、

友達からのLINEの通知音が鳴り響きました。

 

−淳弥号泣してるで?−

 

この瞬間、今すぐに新幹線を降りたくて。

離れたくない。

やっぱり千秋楽入れば良かった。

この時の後悔は止まりませんでした。

 

でも数時間経って、

朝田くんとのこれまでの

奇跡みたいな楽しかった時間を残そう。

そう思い、このブログを書いています。

 

私が朝田くんのファンになってから、

私が見てきたほんの少しの奇跡みたいな時間を

この場を通して残したいと思います。

 

 

初めて彼を見たのはShadowWEST。

康二くんの横でちょこちょこ走っている

女の子みたいに可愛い子。

これが朝田くんの第一印象でした。

 

その後、気付けば彼はGangStarにいました。

そこでは何故かオネエキャラ笑

朝田姐さん。

これが朝田くんを象徴するワードでした。

 

そして、屋良くんに見つけられたFUNKY8

2015年「少年たち」。

囚人役の朝田くん。

 

私が朝田くんに恋に落ちた瞬間でした。

 

この時はまだ、

朝田担になるなんて想像もしてなくて、

ただ素直にドラムを叩く朝田くんが

かっこよくて。

 

姐さんなんて呼ばれてた面影は無くなり、

アイドル朝田淳弥として

キラキラ輝いていた瞬間を見ました。

 

 

それからいつも会場に入れば、

いつでも笑顔で手を振ってくれ、

気付いてくれる朝田くん。

気がつけば朝田くんのうちわを片手に

沢山の場所へ行くようになりました。

 

そんな折決まった、

外部舞台「銀二貫」。

初めてのストレートプレイのお芝居に

龍太くん、丈くん、大橋くんとの挑戦。

この3人を必死で追いかけるように、

毎公演毎公演駆け抜けていました。

何より、朝田くんが

「お芝居頑張りたい!!」

そう強く言うようになったのもこの頃です。

自分から主張しているのを

初めて見て、嬉しくもありました。

 

 

 

しかし、

現実はそう甘くはありませんでした。

どの雑誌を開いても記者さんが

書いてくれる感想は全て見た目。

着物が似合う、ちょんまげも似合う美形。

苦しかった、悔しかった。

必死で頑張った結果がこれか、と。

 

そして、その勢いのまま「少年たち」に

臨めると思えば、関ジャニ∞のバック。

何で、何でこうなるの。

関西jrに衝撃が走った、

丈くん、大橋くんのW主演舞台決定。

同じ時に頑張っていた2人が、

頭1つ抜けた瞬間でした。

あの頑張りじゃまだ足りない。

遠回しに言われた様な気がしていました。

 

帰ってきた冬の松竹座。

カッコいい、かわいい朝田くんが見れて

嬉しかったはずなのに。

楽しかったはずなのに。

何度見てもあの時何故か、空気が重くて。

ここにいたくない、朝田くんを見たくない。

 

 

それが的中したと思ったのは、

3月。

 

朝田くんが松竹座から消えたあの日。

 

昼公演のレポを見ず、

急いで手紙を書いていた時。

友達の妹からの連絡で知りました。

幕が開けば、今までいた人がいない。

大地くんの隣は必ず空いてる。

消えた痕跡。

修正され、いなくなった痕跡。

そして、立ち位置上どうしても

変更のきかなかった、いた痕跡。

何を見てもどれを見ても、ただ辛くて。

ただひたすらに2時間泣いていました。

 

冬の松竹座の嫌な記憶も、

あの時から付き合っていた、心ここに在らずな朝田くんが嫌いだったんだと感じました。

 

 

このどん底から5ヶ月。

夏松竹「少年たち」。

昼公演開場後、

恐る恐るグッズのエゴサをかけた時でした。

 

“朝田 淳弥”

 

パンフレットに載るその文字を見て、

嘘だと思いました。

 

夜公演に入る予定だった私は

必死になってファンレターを書きました。

今手紙を入れないでいつ入れるんだと、

自分に言い聞かせながら。

 

何があってもやっぱり朝田くんが好きで、

どうしてもあの場所に帰ってきて欲しかった。

だから、この日の手紙に全てを書きました。

 

 

−淳弥くんには、舞台の上で輝いていて欲しい−

 

 

私のこの言葉通りに、お芝居の出来る夏松竹を全力で駆け抜けました。

 

そして、久々の梅田芸術劇場

久々のうちわ現場。

そして何より、なにわ男子のお披露目公演。

どんな姿でどの場所で登場するんだろう。

恐怖と戦っていました。

また壊れるんじゃないかって。

 

幕が開いてその不安な気持ちが全て吹き飛んだ

新しい2人。

康二くん、龍太くんを入れて8人での

「LET ME GO」。

梅芸の空気を全て自分達のものにしてしまう。

そんな8人が大好きでした。

こっちに向ける朝田くんの強い眼差しが

まだ終わっていないと訴えていました。

 

そしてそのまま走り抜けた、

冬松竹「X'mas party2018」。

末澤くんは舞台稽古でいなかったものの

5人での「Tonight」。

圧倒的パフォーマンス力を

見せつけた瞬間でした。

 

2回目のあけおめコンサート。

8人の新曲「Nightmare」。

新衣装を見に纏い、

城ホールをかっさらった8人。

張り詰めた空気に、

どこか嫌な予感がしていました。

 

 

それが的中した最終公演。

「My dreams」。

やめて、お願いだから。

そう願っても止まる事のなかった涙。

龍太くんと康二くんの卒業でした。

 

最後は笑って終わろう!!!

そう言われても、笑えませんでした。

久しぶりのこの感覚に恐怖を覚えたからです。

BBVが一瞬にしていなくなった、

あの恐怖の感覚に、似ていたから。

 

 

そんな折、

嬉しいニュースが舞い込んで来ました。

 

 

朝田くんの

滝沢歌舞伎ZERO」出演。

御園座に出てなくて、

悔しかった私の夢を叶えてくれた瞬間でした。

しかも新たな時代の1ページに

朝田くんの名前が刻まれる事が嬉しくて。

絶対に辞めたりなんかしない。

今思えば勝手に決め付けてたんだと思います。

 

お芝居やりたい!って言ってくれる

朝田くんが、滝沢歌舞伎も決まった今、

辞める訳が無いと。

 

「全力で頑張ってきます!」

その言葉通り「銀二貫」の時の頑張りなんて

当たり前に飛び越え、立ち位置が端っこにも関わらずキラキラと輝いていた朝田くん。

ここまで頑張ってくれるんだ。

見ていて涙が止まりませんでした。

 

まだまだこれからだ。

そう思った時決まった、

「Aぇ!group」結成。

 

やめて、やめて。

これが現実って言われたく無い。

当たり前だった6人が壊れました。

もう捨てられる。

無意識的に思ってしまったこの気持ちを

抑える事は出来ませんでした。

 

 

そして、

あれから1年経った

「SPRING SPECIAL SHOW2019」。

 

幕が開くまで全ての恐怖に襲われていました。

梅芸の時と同じ、

どの立ち位置でどんな気持ちで出てくるのか。

不安でたまりませんでした。

 

最後だからね、最後ぐらい出してあげよう。

そんな気にさせられた。

個人フォトセット21種の文字。

嫌な予感。

そして、ほんの少しの期待感。

 

 

歌舞伎であれだけ頑張っていた朝田くんが

ここで辞める訳ない。

そう思いたかった。

まだまだ走り抜けて欲しかった。

 

幕が開けば、

苦手ながらに頑張るコント。

ショータイムでは、センターのオンパレード。

今思えばあのセンターだらけは、

餞別だったのかもしれません。

 

 

それでも、最後の最後まで

絶対に頑張る事と、

キラキラしていてくれる事を

辞めなかった朝田くん。

歌舞伎の成果を見せられたら。

こんな気持ちで挑んだこの1ヶ月間。

 

私は今の朝田くんがすごく大好きでした。

 

お芝居という、自分の夢に向かって

必死に走っている姿は、

今まで見てきた中で1番かっこよくて。

 

 

そして、

最後の日まで辞めないと思っていた私の要因は

このお芝居にありました。

何があっても、お芝居だけはやりたい!

そう言ってくれていたからです。

強い眼差しと言葉で、

伝えていてくれてたからです。

 

本当にお芝居やりたいんだなって、

心から感じていました。

そして、朝田くんがお芝居をする事が

とってもとっても大好きだった私は

必ず多くの舞台やドラマに出てくれると

信じて応援していました。

 

 

しかし、あけおめから始まった

嫌な予感の連鎖の結末は

自担の退所で幕を閉じました。

 

 

もちろん、まだこの連鎖は

終わっていないのかもしれません。

次の連鎖は

もう始まっているのかもしれません。

 

 

でも、私はこの3月で長かった

ジャニヲタ人生にも終止符を打ちました。

 

大好きで大好きで仕方なかった

自担と一緒に松竹座を卒業しました。

 

私は、自分の夢を叶えると伝えて、

朝田くんも夢に向かって頑張ってと伝えて。

やりたい事を悔いの残らないように

精一杯やり切って欲しい。

今年初めのブログで朝田くんが言っていた、

 

“悔いの残らない1年にしたい”

 

この言葉通りなら、朝田くんは

悔いが残らないよう

この選択をしたと信じています。

やりたい事に一直線に。

そして、自分の夢に向かって直向きに。

 

この卒業を私は最初悲しいと思っていました。

私はいなくなるけど、

朝田くんはあの場所からいなくならないでと

思っていたからです。

 

しかし時間が経てば経つ程、

彼のこの選択の先に何が待っているのか。

この道が間違いではないと、

信じたかったんだと思います。

 

 

春。

 

“桜は散るのではなく、舞う”

 

滝沢歌舞伎南座公演のテーマにもなった

この言葉。

この言葉を胸に刻んだ朝田くんが、

ジャニーズというものに青春を全て

捧げてきた人生に終止符を打ちました。

 

春は、出会いの季節。

 

 

そして、

別れの季節。

 

 

やっぱり3月は嫌いかもしれない。

 

この言葉を2年連続で使う事になるなんて、

思っても見ませんでした。

 

 

でも1日経った今、4月になりました。

 

うだうだ言うのは辞めにしよう。

そう自分に言い聞かせています。

どう嘆いたって、

ジャニーズの朝田くんは帰ってきません。

 

悔いのない時間を過ごす事を

目標にこの3ヶ月を歩んできて、

この卒業を迎えた今

私は最後まで全力でやり切りました。

ここに後悔はありません。

 

 

なので最後に、

これからの朝田くんへ。

未来できっとこれまで以上に

輝いてくれると信じて、伝えます。

 

 

私はどこにいても、何をしてても

ずっと朝田くんの味方です。

 

この先どんな困難が待ち受けていても、

いつでも味方がいる事を忘れないでください。

 

お芝居をしたい!最後まで

強く言い続けてくれた朝田くんなら、

俳優の道もあるのかな?

そう微かな期待も寄せています。

 

アイドルしている朝田くんも大好きだけど、

それと同じぐらいに

俳優をしている朝田くんも大好きだからです。

 

 

俳優として新しい道に進んでも、

一般人として新しい人生を歩んでも、

それが朝田くんのやりたい事なら

私は全力で応援します。

 

 

それがここまで応援してきて、

全てに応えてくれた朝田くんへの

感謝だと思っているからです。

 

 

最後の最後まで笑顔で

私の1番のアイドルでいてくれた朝田くん。

笑顔もパワーも元気も全てくれました。

朝田くんの力は無限大だと信じています。

 

そしていつか、

大活躍した朝田くんの名前を

また聞く機会が訪れる事を願っています。

 

 

 

いつも朝田くんの言っている

 

“未来に乾杯”

 

私はこの卒業には

この言葉が1番似合うと思っています。

 

朝田くんのこれからの明るい未来に乾杯!!

 

ここが朝田くんにとって、

ステキな場所への入り口になりますように。

 

 

関西ジャニーズjr.卒業おめでとう。

 

 

そして、朝田くんの新しい夢に向かって

 

“いってらっしゃい”

 

この夢の続きをいつか見れると信じて。

一緒に進んでいこう。

2019年。みんなの涙と共に幕を開けました。



西畑くんが言った言葉

「この1年関西jr.にとって

    勝負の年になります。」


この言葉の意味をこの時はまだ分かりきってはいなかったんだとつくづく思います。


そして今もなお、

この言葉の意味を分からずにいます。




そんな私が、

ジャニーズWESTが抜けてからの4年間。


そしてこれから関西jr.が向かう場所。



沢山の意見が入り乱れる中で、

私の考えを、思いを、書こうと決めました。


関西jr.の1人のファンの意見として。

そして、朝田くんをはじめとした、

かつてFUNKY8と呼ばれた

お兄ちゃん達8人への想いとして

読んでいただけたら幸いです。




思えば2015年夏。

誰がセンターになるのか、

これから関西jr.はどうなるのか。


ずっと言われていました。


何も無くなった関西で何をするのか。



不安と恐怖で一杯だったと思います。



失敗したら、もし、間違っていたら。


でも幕が開けば

その不安を跳ね除けるかのように

とてつもなく強い眼差しの

康二くんと西畑くんがいました。


あの時の2人の覚悟を決めた目は

今でも忘れません。


そしてこの時に見た、

FUNKY8としての8人の存在。


なにきんのバックとしてしか

見てもらえなかった彼らに

松竹座で日の目が当たった瞬間でした。


あの「少年たち」は私にとって

新生関西jr.で1番大好きな舞台です。





グループがない個人戦

西畑くんはこの4年間をこう表現しました。


それは間違いでは無いと思います。


それぞれ個々で頑張って成長していく、

俺らが関西jr.や!って胸張って言ってくれる

そんな“個人戦”の関西jr.が大好きでした。



でも


本当に個人戦だったのか、



私にとってこの4年間は“団体戦”でした。



日に日に増える外部での仕事。

当たり前のようにある松竹座公演。


FUNKY8として、そして個人として。

沢山外部での仕事を掴み取るようになった。

私にとってこの8人は関西jr.のお兄ちゃんとして君臨し、絶対的な存在でした。



外部仕事で吸収したものを関西jr.に還元する

そんな4年間だったと思っています。



それを象徴するかのように8人はいつも

“この8人で”と強く言っていました。


8人でのパフォーマンス。


8人でのグループ。


8人でいる事が当たり前になっていて。



なうぇすとでの8人の「hair」。


思えば、ジャニーズWESTのライブに

8人が揃ってパフォーマンスしたのは

これが最初で最後でした。




グループも無く、みんなで仲良く、

当たり前が続きすぎていたのかもしれない。


この瞬間は2度と訪れないかもしれないなんて

あの頃は思ってもなかった。



淳弥くん、末澤くん、真鳥くん、古謝くんが

エイトバックで消えた夏の松竹座。



淳弥くんだけ帰ってきた冬の松竹座。




そして、本当に淳弥くんがいなくなった

春の松竹座。






あの並びで


あの立ち位置で


あの場所で


笑ってくれてるのが


当たり前だと


あの頃は


勘違いしていたと


今更になって感じてしまう。






気がついて振り返った頃には


もう


後戻りは出来なくなっていました。





それが2018年10月


突然舞い込んできた

なにわ男子結成の知らせ。



嘘だと、こんな筈じゃ無いと、

何度見ても何度思っても、

そこに思い描いた未来はありませんでした。


それと同時に、

何かが崩れた音がしたんです。



それは、

funky8の絶対的センター2人が

引き抜かれた現実。


残された6人のファンは

どうしたらいいのか、

ついに捨てられるんじゃ無いか、

もうここまでなのかと。







あの場所に6人の居場所は無くなったのかと。







不安を抱えたまま始まった

梅田芸術劇場での

「Fall in LOVE〜秋に関ジュに恋しちゃいなよ〜」


そんな私の不安を全て跳ね除けた


新しく龍太くん、康二くんを加えての

パフォーマンス


龍太くん、康二くん、リチャくん、大地くん、淳弥くん、末澤くん、古謝くん、真鳥くんこの8人での「Let me go」



前を向いて、“今がチャンスだ!”と

言ってくれた6人の姿がとても好きでした。


真鳥くんの振り付けで、

最大限のいつもの6人らしさを

出してくれる事が幸せでした。




何より、龍太くんと康二くんを含めた8人が

出てくれば全ての空気を変えてしまうことが

とても大好きでした。





そして、なにわ男子。




いや、丈くんと大橋くん。



横山くん大倉くんプロデュースで始まったこの公演の目玉として出てきました。



最初はバッシングばかり。



でも、この話題性は

関西にとっての

いや、丈くんと大橋くんの大チャンス。



今までに無い程のメディア露出。




全国放送への出演も数多く増え、

今まで以上に関西jr.が

全国へ知られるきっかけとなりました。




関西ジャニーズjr.として、

W主演を決めたリューンの舞台の会見で

2人はこう言いました。





「3列目の逆襲」と。






「前に誰もいないっていいな」って。






いつも誰かの背中を見て踊っていた。



いつも自分の前には誰かがいた。




そんな2人が言った“3列目の逆襲”

この言葉が私は大好きです。



今2人が見てる景色はどんな景色ですか?



最高ですか?気持ちいいですか?





あえて言えば、

あの8人とじゃ見れなかった景色が

そこには広がっていると思います。


このチャンスを掴んで欲しい。


これは私がFUNKY8の淳弥くんのファンとして思った事です。



どうか今は振り返らずに

前を向いて突き進んで欲しい。



選ばれた事に感謝して誇りを持って。


残された6人のファンとしてこう思いました。








そして、“取り残された6人”


本当に取り残されたのだろうか?






この勢いのまま走って欲しいと思った

「X'mas party2018」



末澤くんは舞台稽古で居なかったものの、




5人での「Tonight」。



龍太くんと康二くんを入れ7人での「TL」。



松竹座の空気を全て変えて呑み込んでしまう

そんなパフォーマンスをしてくれる。


この時思ったんです。




まだだ。





まだ、まだやろうとしてくれてる。






6人の中でこの戦いは終わってなんかないと。





勝手に終わらせていたのは私だったと。






そして明けた2019年。


2年連続の大阪城ホール





「Nightmare」。





あの張り詰めた空気が、大好きでした。



でも、どこか嫌な予感がしていた。




それが的中したと思ったのは


1/4 18:00公演。



忘れもしない。



嫌な予感はこれだったと痛感した

龍太くんと康二くんの挨拶。



みんなが泣いた「My dreams」。





何かが起こる。


そしてきっと、いい方向に向かない。



忘れていた、あの嫌な記憶が蘇って。



何度も経験してきたであろう、

“別れ”の選択。




誰だ、誰なんだ。



もうやめて、お願いだから

これ以上苦しめないで。



そう思っても、


これは序章に過ぎなかったと、


これに気付いたのも遅かったと痛感する。






あけおめ終わり


1月8日。



私にとってとてつもなく

嬉しい知らせが舞い込んで来ました。




淳弥くんの

滝沢歌舞伎 南座公演への出演。



「お芝居がしたい!!」


そう言っていた淳弥くんの夢への一歩が

2019年の幕開けとともにやってきました。




嬉しくて、何度ポスターにある名前を見ても

感動は冷めなくて、


康二くんと正門くんの出演が決まった時、

淳弥くんにも出て欲しいと思っていた

私の夢が叶った瞬間でした。



東京で頑張る淳弥くんがとても誇らしくて、

これから前を向いて必死に走る姿を想像するだけで私は嬉しくてたまりませんでした。



そして同じく名前の並んだ、

大地くんと古謝くん。



末澤くん出演「スケリグ」。



取り残されたとは思えない6人の活躍に

胸を躍らせていました。



この戦いは始まったばかりなんだと。





そんな時、



康二くんのsnowman加入発表。



嫌な予感はこれだったのかと。



そしてまた何かが崩れる音がしました。





せっかく、せっかく新しい8人になったのに。



この気持ちと同時に、また捨てられる。

そう思いました。




もうこれ以上、6人の居場所を奪わないで。




私はこう思う事しか

この時は出来ませんでした。




この日を境に状況が一変しました。




かんじゅ日誌での末澤くんの

完全個人宣言とも取れる発言。


真鳥くんの2度目のニューヨーク留学。


正門くんの滝沢歌舞伎東京公演の降板。


Lil関西結成。






やめて、


お願いだから、


これ以上苦しめないで。



それぞれがそれぞれの道を

歩む怖さを痛感した瞬間でした。



そんな時に西畑くんの日刊に出てきた


“関西jr.はなにわ男子、Lil関西だけではありません!いっぱいいます!めちゃめちゃいます!”


そんな訳無いと思うけど、


思ったけど、


この言葉の中に6人はいないと、

思ってしまいました。




この絶望感。




感じた事ある?


いつ?いつこの絶望感を味わった??




あー、そうだ


BBVが消えた時だ。


ジャニーズWESTが4人だった時だ。




“みんな”


この枠組みに入る事も、


入れてくれる事も不安になるぐらい。





当たり前って、誰にでもあるはずなのに

こんなにも与えてくれないんだって。




同じ“関西jr.”だったとしても、


実力、努力、才能、運。



多くの理由で当たり前を与えてくれない。




それを知ってるから、

幾度と無く才能と運に阻まれてきたから。





でも





当たり前じゃなくていいんじゃないか。




いつも仕事があるのが当たり前。


そうじゃない。



自分が頑張らないと見つけて貰えない。



そうして空白の2年間が嘘のように、

屋良くんに見つかった末澤くん。




3列目なんかじゃ無い、

もっともっと後ろ。


最前列なんて遥か遠い場所から見てきた景色



今や当たり前の様に、リチャくん達と同じ場所で君臨し続ける彼の姿は、正しく努力。


運や才能で這い上がれないなら、

努力するしかない。



彼はそうしてこの4年間を登りつめました。




そして、大地くん。真鳥くん。


好きな事を仕事に出来た事。

とっても凄いと思います。



自分の好きな事を仕事にするって、

思っている以上に大変で辛い事だと思います。


でも、反対に好きな事をずっと出来る幸せを噛み締めてるのかなって。




古謝くんのダンスレッスン。


リチャくんのお笑い。


それぞれがそれぞれの道を歩みだした1月。




そして、淳弥くん。


銀二貫を境に「お芝居がしたい!」って

言うようになってくれました。



約1年前


松竹座から消えた淳弥くん。


幾度と無く後悔したし、

もっとあるじゃん、

何で、何であんな事で、



沢山の人に迷惑をかけて。

沢山の人に避難を浴びて。


それでも帰ってきて欲しかった。



またステージの上で笑って欲しかった。





そして帰ってきた「少年たち」。



お芝居する場所を与えてくれた

周りの心温かい人達に頭が上がりません。


この時から、それまで以上に

やりたい事を言うようになりました。

そして具体的に。



特にお芝居。



その夢は、外部出演。



下手くそながらに演技を頑張る姿は

私はアイドルしてる淳弥くんと同じぐらいに

とっても大好きな姿です。




だから、今回の滝沢歌舞伎


この夢への第一歩は、

淳弥くんにとっての大チャンス。



このチャンスを逃して欲しくない。


今日から始まるこの大舞台で、

“あの子いいね”って言われるように。



皆より少し遅いスタートかもしれないけど、

私は淳弥くんが淳弥くんらしく、

淳弥くんのスピードで、淳弥くんの歩く道を

決めて行って欲しいと思います。




今、

この6人が何を思って、

何をしようとしているのか。



これからまた沢山の試練が

待ち受けているかもしれません。


こんな筈じゃないと、

悔やむかもしれません。



けど私は、

6人が、淳弥くんが諦めない限り、

応援しようと決めました。




末澤くんが、インタビューで言ってくれた



「ユニットが欲しい」


「僕ら6人」



まだまだこれからなのかもしれない。



先に走って行った2人の背中を

追いかける形ではあるかもしれない。




でも今度は


“6人”が


「3列目の逆襲」をする番。



2019年、


とてつもなく苦しい戦いかもしれません。


うまくいかないかもしれません。



でも、そんな時

間違ってないよ、頑張れ!って、

背中を押せる存在になりたいと思いました。





まずは私は、

今日からの滝沢歌舞伎



淳弥くんの晴れ舞台。


どんな姿で、どんな顔で、いるんだろう。


誰にも負けないと自信を持って、

立ち続けて欲しいと願っています。




長くなってしまいました…


そして何より、

私アホなので文脈おかしかったら

本当にすみません…



では!


6人。そして、2人の。



これからの明るい未来を願って

終わりにします。